アコムから即日でお金を借りる為に知っておきたいこと



アコムの申込から審査回答までにかかる時間は最短30分とされていて、最短だと1時間程度で実際にお金を借りることも可能です。


また、カードを利用したATMでの借入以外に振込での融資にも対応していて、インターネットから申込を行うことで店舗への来店なしでの即日融資も可能、楽天銀行口座への振込であれば24時間最短1分で振込が反映されます。


在籍確認への柔軟な対応も特徴のひとつで、会社が休みの日でも契約手続きを完結させることもできるので、とにかく急いでお金を借りたいと考えてる人に一押しな借入先だと言えます。


このページでは実際に申込を行い何時間で借入できるのかを検証、電話による聞き取り調査の結果も踏まえ、とことん詳しく解説していくのでぜひ参考にしてみてください。


アコムが即日融資にオススメな理由!
  • 審査回答まで最短30分!最短1時間で契約手続きも可能!
  • 楽天銀行なら24時間最短1分で振込可能!
  • 土日・祝日や夜間の申込でも最短即日で借入できる!
  • スマホひとつあればどこにいても申込から契約手続きまでを完結できる!
  • ローンカードの発行は夜22時まで手続き可能!
  • 初めての利用なら最大30日間は利息が発生しない!

実質年率 限度額 審査時間 保証人 総量規制 職場連絡
3.0%〜18.0% 1万円〜800万円 最短即日 無し 対象 有り
遅延損害金 申込資格 返済システム 来店必要の有無
20.0%(実質年率) 20歳〜69歳 定率リボルビング方式 ナシも可




    即日でお金を借りるために満たしておく必要がある条件と必要書類


    とにかく急いでお金を借りたい!と焦る気持ちは分かりますが、お金を借りるためにはまずアコムの定める申込条件を満たし、必要となる書類を揃えておく必要があります。

    ザックリと説明していくので、自身がアコムを利用してお金を借りる為の最低条件を満たしているか確認してから、次の項目へと進んでください。

    アコムが定める申込条件

    申込条件:20歳以上で安定した収入と返済能力があること


    職業や年収、勤続年数による申込の制限は設けられていないので、アルバイトやパート、派遣社員といった非正規雇用の人もアコムへの申込は可能、審査を受けることができます。


    今現在、仕事をしていない専業主婦の人、年金収入のみの人は申込の対象外とされていますが、正規・非正規問わず、仕事をしていて収入さえあれば学生も申込の対象とされています。


    アコムは女性にも人気のあるカードローンで、のべ250万人の女性の利用実績があります。女性のオペレーターが対応してくれる「女性専用ダイヤル」が用意されているのが嬉しいポイントです!


    契約までに用意しておく必要がある提出書類

    アコムでは必要書類の提出は仮審査通過後となるので、申込時には手元に必要書類がなくても問題ありませんが、少しでもスムーズに手続きを進める為に、必要書類は事前に揃えておくことをオススメします。


    提出が必要となる書類は以下の2点です。


    身分を証明するための本人確認書類

    アコムで本人確認書類として認められる書類


    原則、運転免許証やパスポートなど、顔写真の記載があるものが本人確認書類として必要になります。


    健康保険証のように顔写真のない身分証明書や、引越しなどで現住所と提出する書類に記載されている住所が異なる本人確認書類を提出する場合には、別途以下の書類の提出が必要になるので注意しておきましょう。

    • 住民票
    • 公共料金の領収書
    • 納税証明書

    いずれも、発行日または領収日から6ヶ月以内のものに限定されます。


    年収を証明するための収入証明書

    収入証明書の提出が必要となる借入条件


    収入証明書として認められる提出書類

    • 源泉徴収票:最新年度のもの
    • 給与明細書:直近のもの1ヶ月分
    • 所得証明書:最新年度のもの
    • 市民税・県民税額決定通知書:最新年度のもの
    • 確定申告書・青色申告書・収支内訳書:最新年度のもの

    基本的に他社からの借入がなく、借りたい金額が50万円以下の人は収入証明書の提出は不要と考えておいて問題ありませんが、勤続年数が極端に短い場合など、この条件に該当しない場合でも審査の内容次第では提出を求められることもあります。


    アコムへ申込を行い実際にお金を借りるまでの流れ


    この項目ではカネロン自身が実際にアコムに申込を行いお金を借りた経験を踏まえ、アコムから申込をしたその日のうちにお金を借りる方法、即日融資を受けるために重要になるポイントについて説明しています。

    即日でお金を借りることができる申込の日時、契約完了のタイミングについてもとことん詳しく解説しているので、急いでお金を借りたいと考えている人はぜひ読んでもらい役に立ててください。

    アコムでお金を借りるまでに必要な手続きと流れ

    • 申込手続きを完了させる
    • 最短30分で借審査結果の回答
    • 必要書類の提出を行う
    • 在籍確認が行われる
    • 審査完了となり契約手続きを行う
    • カードの受け取りもしくは振込にて融資の実行

    申込手続き

    アコムで最もオススメな申込方法


    アコムへの申込方法は、以下4通りの方法が用意されていますが、最もスムーズに申込の手続きを完結できるのはインターネットからの申込です。

    • インターネット
    • 自動契約機・店舗窓口
    • 電話
    • 郵送

    郵送以外の方法であれば、どの方法も最短即日でお金を借りることはできるのですが、電話の場合だと口頭で氏名や住所、漢字まで伝える必要があり、20分〜30分程度は時間がかかってしまいます。


    自動契約機で申込を行う場合は手書きで申込書に記入していくことになり、時間も手間もかかるので、24時間いつでも自分の都合の良いタイミングで手続きでき、


    スマホやパソコンの扱いに慣れた人であれば5分程度で手続きを完結できるインターネットからの申込が最もオススメです。


    申込手続き完了後、電話をかけることで審査を優先して進めてもらえる

    インターネットからの申込手続き完了後、アコムへの申込を受け付けたことを知らせるメールが届きます。
    (※今回の検証では約10分後にメールは届きました。)


    このメール受け取り後に、アコムへと電話をかけて交渉することで、審査を優先して進めてもらうことも可能です。


    「急いでお金を借りたいんですが、審査を急いでもらえませんか?」といった形で伝えればOKです。


    借審査結果の回答

    アコム申込手続き完了から審査結果の回答までにかかる時間


    申込手続きが完了すると、自動的に仮審査が行われ、最短30分でメールもしくは電話にて審査結果が知らされます。


    この間は、申込者が行う手続きは特にありません。ただアコムからの連絡を待つだけでOKです。


    今回の検証では申込完了から約20分後に、電話にて審査結果の連絡があり、この電話の際に今後の手続きの流れについて説明があり、WEB上で契約手続きを行うか、自動契約機へ来店し手続きを行うのかを選択することになります。


    必要書類の提出

    WEB上での契約手続きを希望する場合、仮審査結果連絡後に送られてくるメールに記載されているURLから専用ページへログイン、スマホやデジカメで撮影した必要書類の画像データを送信することで書類提出は完結できます。


    アコムWEB上での必要書類の提出方法


    この書類提出が完了するまで、審査は一旦ストップしてしまうので、この手続きはできるだけ早く行うようにしてください。


    WEBからの書類提出はスマホひとつあれば完結でき、仕事中、会社にいる状態でも審査の手続きを進めることができるので、すぐに店舗へ移動することが難しいという人は、この方法を選択するようことをオススメします。


    自動契約機「むじんくん」に来店し契約手続きを進める場合、専用のスキャナーに必要書類を読み込ませることになるので、忘れずに原本を持参するよう注意しておいてください。


    在籍確認が行われる

    在籍確認とは申込者が申告した会社で本当に働いているのか確認する為に行われるもので、基本的には会社への電話連絡によって行われます。


    この電話は、自分以外の人が対応してもOKなので、自身が会社に不在でも問題ありません。


    会社に電話が繋がる状態であれば、さほど時間もかかりませんし、在籍確認が完了すれば、お金を借りるまでに必要な手続きは、残すは契約手続きのみです。


    在籍確認について詳しくは後述しているので、会社休みで電話が繋がらない、勤務先に電話がかかることに抵抗があるという人は、そちらを参考にしてください。


    審査完了のメールが届き契約手続きを行う

    必要書類の提出、在籍確認といった手続きがスムーズに完了した場合、仮審査完了からだいたい30分〜50分程度で本審査完了のメールが届き、契約手続きへと進むことができます。


    アコム申込から契約完了までにかかった時間


    申込内容や混雑具合によって、審査にかかる時間は異なってしまいますが、当サイトの検証では約1時間で申込から契約までの手続きを完結させることができました。


    仮審査通過後の手続きを自動契約機で行った場合にかかる時間をアコムに電話にて問い合わせたところ、WEB上での契約と同じく約30分〜1時間程度かかるとのことでしたので、ここまでの手続きはいつでもどこからでも手続きできるWEB上での契約方法がオススメできます。


    融資実行

    契約手続き完了すれば、アコムからお金を借りることができる状態となるのですが、アコムでは以下の2つの融資の方法が用意されています。

    • 自身の指定する口座への振込融資
    • ローンカードを利用したATMでの出金

    それぞれの方法で、即日でお金を借りることができるタイムリミットが異なるので以下の項目で詳しく解説していきます。


    即日でお金を借りることができる可能性が高い借入方法は?


    アコム自動契約機むじんくんの営業時間


    とにかく急いでお金を借りたい!どうしても今日お金が要るんだ!という人は、自動契約機「むじんくん」へ来店してローンカードの発行を行うことをオススメします。


    アコムの自動契約機は、一部店舗を除き、基本的に年中無休(年末年始は除く)、朝8時から夜22時まで営業しています。


    なので、土日・祝日の申込や、夕方や夜間の契約完了となった場合でもその場でローンカードの発行が可能、併設されているATMやコンビニや銀行の提携ATMからその日のうちに実際にお金を借りるこも可能です。


    インターネットからの申込、契約手続きまで完結させておくことで、自動契約機内でかかる手続きの時間を大幅に短縮できるので、上で説明したような流れで手続きを進めることで即日融資を受けられる可能性は高くなります。


    アコムのローンカード発行にかかる時間と利用可能なATM


    自動契約機に併設されるアコムATMであれば24時間いつでも手数料無料で利用可能、1万円以下108円1万円超216円の手数料が発生しますが、提携ATMは多く、上記以外に地方銀行のATMも利用することができます。


    何時までに申込をすれば即日でカードの発行はできる?


    自動契約機の営業時間は夜22時までとなっていますが、アコムの審査が行われているのは夜21時までです。

    その為、当日中にお金を借りるには遅くとも1時間前の夜20時までに申込手続きを完結させて置く必要があります。

    最短即日でお金を借りることができる可能性の高い、自動契約機でのローンカードの発行ですが、融資希望額が大きくなればなるほど、審査にかかる時間は長くなる傾向にあります。

    とにかく急いで借入したいと考えている人は、必要最低限の融資希望額で申込をすること、また、申込内容に不備があった場合もその分余計に時間がかかってしまうので、申込フォームへの入力、記載は慎重に行うことを推奨します。

    来店するのは難しい!振込融資のタイムリミットは何時?


    アコムの即日での振込融資実行時間


    アコムはローンカード到着前の振込融資に対応していて、契約手続きが完了した段階で、振込融資の依頼をすることができ、この依頼を行うタイミングによっては申込をしたその日のうちに融資を受けることも可能となっています。


    今回、カネロンが実際に申込を行い契約手続きが完結したのは、平日の12:40だったので、すぐにアコムのフリーコールに電話をかけ、振込融資の依頼を行うことで、当日中に振込での融資は実行されましたが、基本的には契約手続きの完了が14時を過ぎてしまうと、振込融資の実行は翌営業日以降となってしまいます。


    審査にかかる時間を考えると、即日振込での融資を希望している人は、遅くとも平日の13:00までに申込を行うことが条件となるのですが、以下4銀行のいずれかの口座を持っている人に限り、平日の14時以降も振込による融資を受けることも可能です。


    14時以降の振込融資に対応している銀行口座

    • 楽天銀行
    • 三菱UFJ銀行
    • 三井住友銀行
    • ゆうちょ銀行

    楽天銀行以外の3行は、初回のみの振込実施時間延長とはなりますが、以下表のように平日18時までに全ての手続きを終わらせることで、最短即日での振込融資が可能となっています。


    銀行名

    対応曜日

    対応受付時間

    受付から振込までの目安

    楽天銀行

    土日祝日 全ての曜日

    0:10〜23:50

    受付から1分

    三菱UFJ銀行

    三井住友銀行

    ゆうちょ銀行

    平日のみ

    9:00〜18:00

    19時まで振り込み反映


    14時以降の振込融資に対応している銀行口座がある消費者金融は少ないので、これは急いでお金を借りたいと考えている人には非常に嬉しいポイントです。


    楽天銀行口座なら24時間 最短1分で振込が反映される


    アコムから楽天銀行口座への振込融資実施時間


    希望する振込み先が楽天銀行の場合、インターネットから振込依頼を行うことで、24時間いつでも最短1分、手数料無料で振込融資を受けることができるので、アコムとの相性は抜群です!


    三菱UFJ銀行、三井住友銀行、ゆうちょ銀行と違い、初回の借入時だけではなく、2回目以降の借入時も同様の条件で利用でき、使い勝手がメチャクチャ良くなるので、楽天銀行の口座を持っていて、急いでお金を借りたいと考えている人は迷わずアコムに申込するべきだと、自信をもってオススメできます。


    他の銀行、信用金庫でもアコムからの振込手数料は無料です。


    アコムの振込融資の依頼方法

    振込融資の依頼は、2通りの方法が用意されています。

    • インターネット
    • フリーコールへの電話

    それぞれの方法の受付時間と振込実施時間については以下のようになります。


    インターネットからの振込依頼

    契約が完了した人だけが利用できるアコムの会員専用ページにログインすることで、振込依頼の手続きは簡単に行うことができます。


    アコムのインターネットからの振込依頼の方法


    インターネットからの振込依頼の手続きは簡単に行うことができ、3分もあれば手続きは完了できます。


    上で説明してように楽天銀行口座であれば、24時間最短1分で振込は反映されるのですが、ゆうちょ銀行であれば14時、その他金融機関であれば14:30が当日中の振込反映となり、それ以降の時間帯や土日祝日の振込依頼は翌営業日以降の振込実施となります。


    電話からの振込依頼

    電話での振込依頼の受付は「担当者受付」と「アコムプッシュフォンサービス(音声自動応答)」2つの電話番号が用意され、受付可能時間が異なります。

    • アコムプッシュフォンサービス:0:10〜23:50
    • 担当者受付:9:00〜18:00

    この電話にて、振込口座の登録もできますし、自動音声案内であれば24時間、振込依頼が可能です。


    カネロンがインターネットと電話どちらの方法も利用してみましたが、初回の振込依頼時は、契約手続きの流れでそのままオペレーターに伝えることができるので電話での振込依頼がオススメ、2回目以降の借入を行う際には、インターネットからの手続きの方が、簡単で楽だと感じました。

    働いている会社が休みだと即日でお金を借りることはできない?


    アコムの在籍確認の方法について


    上で軽く説明していますが、在籍確認は審査の一環として行われるもので、アコムの在籍確認は勤務先への電話連絡にて行われます。


    在籍確認はどのカードローン業者でも必須、原則、在籍の確認が取れるまでは契約手続きへと進むことはできず、即日でお金を借りることはできないようになっています。


    なので、カードローンを利用して申込をしたその日のうちにお金を借りるためには、自身の会社が営業していて、電話が繋がることが条件となります。


    ※自分自身が休みでも、他の人が電話応対できれば問題ありません。


    アコムについても基本的には他業者と同様で、働いている会社が休みで電話がつながらない場合には、審査を完了させることはできないのですが、


    今回、実際に申込をするにあたり、審査担当者に直接問い合わせたところ、アコムでは在籍確認に対して以下2通りの対応をとってもらえる可能性があることが分かりました。


    在籍確認を後日行うことを約束し審査を先へと進めてもらう

    会社が休みなどによって、誰も電話に応対できないといったような場合に限り、電話連絡による在籍確認を後日必ず行うことを約束することで、審査を進め、申込をしたその日のうちに契約を結ぶことも可能です。


    在籍確認の電話連絡が取れるまでは、契約する借入の枠を小さく制限されることがあります。


    書類提出により会社への電話連絡なしで在籍確認をクリアできる

    会社名と申込者の氏名が同時に確認できる書類を提出することにより、在籍確認の電話連絡なしといった対応をしてもらえることもあります。


    以下の書類が在籍確認の代替として認められますが、会社発行の健康保険証(社会保険証など)の提出を求められる可能性が高く、審査の内容によっては2点必要になる場合があるとのことでした。

    • 給与明細書
    • 会社発行の健康保険証
    • 社員証

    どちらの対応も仮審査通過の電話連絡時に、「今日は会社が休みで電話が繋がらないが、どうしても今日中に融資を受けたい」といった形で、審査担当者に相談、交渉する必要があります。

    申込内容、審査の結果次第では、電話連絡による在籍確認が取れるまで、融資不可と判断される可能性もあるのですが、このような対応をしてくれるカードローン業者は滅多にないので、会社が休みの日に即日でお金を借りたいと考えている人は、アコムへ申込、相談してみることを推奨します。

    アコムから即日でお金を借りるために知っておきたいこと:まとめ

    カネロンの実体験と電話での調査結果を踏まえ、アコムで即日でお金を借りる方法、条件について詳しく説明してきましたが、最後にこのページの要点を簡単にまとめました。


    アコムの審査は最短30分!申込手続き完了後の電話がポイント!

    申込手続き完了後に電話することで、審査を優先して進めてもらえます。


    今回の検証では申込から約20分で審査結果の回答が得られました。


    契約手続き完了までにかかる時間は早ければ1時間程度

    スマホを使いインターネットから申込することで、書類提出などの手続きをスムーズに完結でき、契約手続きまでにかかる時間を短くできます。


    申込の日時や審査の混み具合にもよりますが、今回の検証では約1時間で契約手続きを完了することができています。


    融資の受け方によって即日融資のタイムリミットが異なる
    • 自動契約機でローンカードの発行を行う場合:20時までの申込が最低条件
    • 口座振込による融資を受ける場合:基本的には13:00までの申込が最低条件

    14:00以降の振込融資に対応している銀行口座もありますが、どちらの融資の受け方でも、上記はあくまで最短で全ての手続きが完了した場合の目安時間です。


    できれば午前中、可能であれば前日の夜のうちにインターネットから申込手続きだけでも完了させておくことをオススメします。


    楽天銀行口座なら24時間最短1分で振込が反映される

    アコムと楽天銀行口座の相性は抜群です。


    3分程度で手続きできるインターネットからの振込依頼を行うことで、24時間最短1分で振込が反映されるので、アコムの審査時間となる夜21時までに契約手続きが完了できれば、最短即日でお金を借りることができます。


    会社が休みの日でも最短即日で融資を受けることができる

    アコムは在籍確認に対して柔軟な対応をしているので、審査担当者に相談することで、電話連絡を後回し、もしくは書類提出によって在籍確認を認めてもらえることもあります。


    このような対応をしている業者は滅多にないので、これはかなり嬉しいポイントです。


    借入希望額は必要最低限に抑えて申込をすること

    融資額が大きくなればなるほど、審査は慎重に行われ、時間がかかる傾向にあります。


    その他、申込内容に間違いがあった場合や提出する必要書類に不備があった場合にも、余計な時間がかかってしまうことになるので、急ぐ気持ちは分かりますが、申込の手続きは慎重に行うようにしてください。


    お金を借りる借りる理由は人それぞれですし、借入したい金額や返済プランも異なりますが、とにかく急いでお金を借りたいと考えている人、その中でも20万円以下の少額融資を希望している人にアコムはかなりオススメできる借入先だと言えます。

    高額の融資となると、低金利な銀行カードローンの方が利用のメリットが大きくなることが多いのですが、アコムには30日間の無利息サービスがあるので、少額融資を希望している場合、金利が高めとなるデメリットは打ち消すことができます。

    24時間いつでも振込での融資を受けることが可能になる楽天銀行の口座を利用している人には特にアコムへの申込を推奨できます。