三井住友銀行カードローン


三井住友銀行カードローンバナー画像


三井住友銀行カードローンは日本三大メガバンクの1つである三井住友銀行が取り扱っているということもありそのスペックは高めです。


年4.0〜14.5%と銀行ならではの金利、スムーズな対応にも定評があります。


申込み手続き完了、 本人確認書類の提出・確認から、最短で翌営業日に審査結果の回答を得ることも可能です。


三井住友銀行の普通預金口座を持っていない人でも、申込することができるのも嬉しいポイントです。


誰もが知っているような大手銀行が取り扱うカードローンなので、消費者金融や信販会社のカードローンには少し抵抗があるという人も安心して利用することができるのではないかと思います。


三井住友銀行カードローンは、カードローンの利用は今回がはじめてという人にピッタリのカネロン一押しのカードローンです!


三井住友銀行カードローンのおすすめポイント
  • 金利は年4.0%〜14.5%と銀行ならではの金利!
  • 審査回答は最短だと申込の翌営業日(※1)
  • 土日・祝日でもローンカードの発行が可能!(※1)
  • 銀行に行く時間がなくても24時間365日ネットから申込みが可能
  • 最低返済額は2,000円〜!無理ない返済が可能!(※2)
  • 提携コンビニATMなら借入・返済ともに利用手数料が無料!

※1:正式な審査結果の連絡は、本人確認書類をご提出いただいた後、最短で翌営業日。
※2:毎月の返済は、返済時点での借入残高によって約定返済金額が設定されます。


実質年率 限度額 審査時間 保証人 保証会社 職場連絡
年4.0%〜14.5% 10万円〜800万円 翌営業日(※1) 無し SMBCコンシューマーファイナンス(株) 有り
遅延損害金率 申込資格 返済システム 来店必要の有無
年19.94% 満20歳以上69歳以下 残高スライド元利定額方式 ネットで完結可能(※2)

(※1)正式な審査結果の連絡は、本人確認書類をご提出いただいた後、最短で翌営業日。
(※2)三井住友銀行の普通預金口座・キャッシュカードをお持ちなら、契約までの手続きがWEBで完結が可能。





    お金を借りるために満たしておく必要がある条件

    • 満20歳以上満69歳以下であること
    • 原則安定した収入があること
    • 保証会社SMBCコンシューマーファイナンス(株)の保証を受けられること
    • 資金の使い道が事業資金以外であること
    • 本人からの申込であること

    三井住友銀行カードローンからお金を借りるためには、これらの条件をすべて満たしておく必要があるのですが、はじめてカードローンを利用する人からよくある質問や疑問、最低限押さえておきたいポイントを以下にまとめました。


    安定した収入って具体的に年収の金額が決まっている?

    年収や勤続年数による申込の制限の有無


    銀行カードローンの中には年収は400万円以上、勤続年数1年以上でないと申込不可とされているものもありますが、三井住友銀行カードローンでは年収や勤続年数による申込の制限は設けられていません。


    また、職業による制限も設けられていないので、正社員ではなく、派遣・パート・アルバイトでも、安定した収入を得ていれば申込可能です。


    「安定した収入」=「高額の収入」ということではないのですが、当然、年収が高ければ高いほど、勤続年数が長ければ長いほど、「収入の安定性」は高いと判断されることになります。


    年収が多くない、勤続年数が短い人でも審査通過への期待値は十分に残されますが、契約する借入限度額は少額になる可能性が高くなると考えておくようにしましょう。


    三井住友銀行の普通預金口座を持っていなくても申込ってできる?

    三井住友銀行の口座開設の必要性の有無


    「口座なしでも申込OK」とされていたとしても、口座なしで手続きできるのは仮審査結果の回答まで、契約時には口座の開設が必須とされている銀行カードローンも多いのですが、三井住友銀行カードローンは、普通預金口座の開設を行わなくても申込は可能です。審査通過後、カードローン口座 が開設され利用を開始することができます。


    借りたお金の使い道って証明しなくてもいいの?

    カードローンは、契約時に定められた枠内であれば自由にお金を借りることができるのが特徴で、その借りたお金の使い道は原則自由、生活費や教育費、旅行や買い物、何に使っても問題ありませんし、その使い道を証明する書類の提出は必要ありません。


    ただし、事業性資金と利用することだけはNGとされています。


    自営業者(個人事業主)の人も三井住友銀行カードローンを使いお金を借りることは可能ですが、事業性資金としての利用は禁止されているので注意が必要です。


    契約手続きまでに必ず用意する必要がある書類

    三井住友銀行カードローンを利用してお金を借りるためには、以下の書類を用意する必要があります。

    • 本人の申込であることを証明するための「本人確認書類」
    • 安定した収入があることを証明するための「収入証明書」

    これら2点のうち、「本人確認書類」は必須、用意できない場合にはお金を借りることはできません。


    収入証明書については契約する借入限度額によって提出条件が定められているので、提出不要とされる場合もあります。


    その条件も含め、それぞれの該当書類を以下にまとめました。


    本人確認書類として認められる提出書類

    三井住友銀行カードローンでお金を借りるために必ず必要となる本人確認書類一覧


    これらのうち1点用意できればOKですが、三井住友銀行カードローンでは本人確認書類には原則、顔写真の記載があることが条件とされています。


    そのため、運転免許証やパスポート等の用意が難しく、健康保険証を本人確認書類として提出する場合には、カードローンプラザに問い合わせて提出書類を確認する必要があります。


    収入証明書の提出条件と認められる書類

    三井住友銀行カードローンで収入証明書の提出が求められる借入限度額


    申込内容、仮審査の結果によっては審査担当者により契約する借入限度額が50万円以下の場合でも収入証明書の提出を求められる場合もありますが、基本的には希望している借入金額が50万円を超えない場合には提出不要と考えておいて問題ありません。


    収入証明書としては以下のような書類が認められます。

    • 給与明細:直近3ヶ月以内の1ヶ月分
    • 源泉徴収票:最新のもの
    • 確定申告書:最新のもの

    必要書類の提出方法とそのタイミングについて

    仮審査結果の回答は必要書類の提出完了前でも得られますが、本審査結果の回答については必ず必要書類の確認ができた後となります。


    急いでお金を借りたいと考えている場合には、申込手続きが完了後のなるべく早いタイミングで書類提出は行うようにしてください。


    三井住友銀行カードローンでは、スマホやデジカメで撮影した必要書類の画像データをWEB上でアップロードすることが可能で、コピーやFAX、郵送といった面倒な手続きは必要ありません。


    三井住友銀行カードローンの金利ってどうなの?

    三井住友銀行カードローンの金利は年4.0%〜14.5%とされています。


    が、カードローンを利用してお金を借りるのがはじめてだという人は、これだけ見ても「これって普通より低いの?それとも高い?」といった風に感じるのではないかと思います。


    そこで、主要カードローンの金利と三井住友銀行カードローンの金利の比較表を以下に作製したのでチェックしてみてもらいたいのですが、次の1点については事前に理解しておく必要があります。


    カードローンの金利を比較する際の注意点


    はじめてカードローンとの契約を行う際には、ほとんどの人が高い方の上限金利、もしくはそれに近い金利での契約となります。


    下限金利については1〜2%台とメチャクチャ低く設定されているカードローンも中にはありますが、このような金利で契約できることはまずありえないと考えておきましょう。


    主要カードローンの上限金利比較表

    カードローン名 上限金利 三井住友銀行カードローンとの差
    三井住友銀行カードローン 年14.5%
    みずほ銀行カードローン 14.0% -0.5%
    三菱UFJ銀行カードローン「バンクイック」 14.6% +0.1%
    新生銀行スマートカードローンプラス 14.8% +0.8%
    りそなプレミアムカードローン 12,475% -2.025%
    楽天銀行スーパーローン 14.5%
    オリックス銀行カードローン 17.8% +3.3%
    ソニー銀行カードローン 13.8% -0.7%
    じぶん銀行カードローン 17.5% +3.0%
    ジャパンネット銀行ネットキャッシング 18.0% +3.5%
    セブン銀行カードローン 15.0% +0.5%

    三井住友銀行カードローンの上限金利14.5%は、圧倒的な超低金利とまでは言えませんが、比較的低い水準だと言えます。


    基本的には15%以下で契約できた場合にはそれは低金利な契約だと判断できるので、どんなに高くとも適用される金利が14.5%を超えることはない三井住友銀行カードローンは、今回はじめてカードローンを利用するという人でも安心して利用することができます。


    また、適用される金利は審査により決定される借入限度額ごとに以下のように定められています。


    三井住友銀行カードローン借入限度額ごとの適用金利表

    借入限度額 適用金利
    100万円以下 年12.0%〜14.5%
    100万円超200万円以下 年10.0%〜12.0%
    200万円超300万円以下 年8.0%〜10.0%
    300万円超400万円以下 年7.0%〜8.0%
    400万円超500万円以下 年6.0%〜7.0%
    500万円超600万円以下 年5.0%〜6.0%
    600万円超700万円以下 年4.5%〜5.0%
    700万円超800万円以下 年4.0%〜4.5%

    カードローンのはじめての契約時に下限金利が適用されることはまずありえません。


    が、かといって必ずしも上限金利での契約となるということではありません。


    審査の結果借入限度額が100万円を超えた場合には適用される金利は最大でも12.0%となります。


    金利ごとに発生する毎月の利息に対する疑問


    はじめてカードローンを利用するという人でなくとも、自身が契約した金利によって毎月発生することになる利息が具体的にいくらになるのかということまできちんと把握できている人は多くありません。


    毎月決められた金額さえ遅れることなく返済しておけばこの利息については知らなくても特に問題はないのですが、計画的にお金を借りるためにはしっかりと発生利息については理解しておくことをおすすめします。


    以下表に三井住友銀行カードローンで適用される可能性が高い「年14.5%」と「年12.0%」の2つの金利ごとの毎月の発生利息をまとめたので参考にしてみてください。


    金利と借入金額ごとの1ヶ月あたりの発生利息表

    借入金額 契約金利年14.5% 契約金利年12.0%
    10万円 1,191円 986円
    20万円 2,383円 1,972円
    30万円 3,575円 2,958円
    40万円 4,767円 3,945円
    50万円 5,958円 4,931円

    ※1ヶ月は30日で計算 ※小数点以下切り捨て


    金利年14.5%での契約となった場合には、借入する金額が10万円増えることに約1,200円ずつ1ヶ月あたりの発生利息が増えていくことになります。

    ひと月単位で考えるとこの差はさほど大きく感じることはないかもしれませんが、借入する金額が大きくなればなるほど完済までにかかる期間は長くなりやすく、その場合には利息の負担がだんだんと重くのしかっかってくることになります。

    特にはじめてのカードローンの利用を検討している人に注意して欲しいのですが、カードローンを利用して借りる金額は必要最低限、本当に必要なお金のみを借りるようにすることをカネロンから強くおすすめします。

    契約手続き完了後のお金を借りる方法について


    三井住友銀行カードローのATM利用手数料


    最近では口座への振込での融資に対応しているカードローンも増えてきているのですが、カードローンを利用してお金を借りる際に最も便利で使い勝手が良いのはやはりコンビニATMからの出金で、多くの人がローンカードを利用して借入をしています。


    ですので、三井住友銀行カードローンのように提携コンビニATMの利用手数料が無料とされていることは借入先を選ぶ上で、大きなプラスの判断材料となると言えます。


    借入を行う時だけでなく返済時も手数料無料となります。


    三井住友銀行カードローンはSMBCコンシューマーファイナンスが保証を行うので保証料は不要、手数料も不要とされているので、カードローンを利用するうえで支払うことになるのは、純粋に金利により発生する利息のみで済みます。


    三井住友銀行の口座を持っている人のローンカード発行について


    三井住友銀行の普通預金口座を持っていない人も、お申込みは可能ですが、その場合には契約手続き完了後に、郵送もしくは自動契約機にてローン専用カードの受け取りが必須となります。


    それに対し、すでに三井住友銀行の普通預金口座をもっている人の場合は、契約手続きが完了しだい、すでに手元にあるキャッシュカードにカードローン機能が追加されることによりそのままそのキャッシュカードを使いお金を借りることができます。


    さらに、三井住友銀行のインターネットバンキング「SMBCダイレクト」を利用している人は、カードローン口座をSMBCダイレクトのサービス利用口座に指定することで振替による借入も可能となっています。


    カードローン専用口座から普通預金口座へと資金の移動という形でのこの融資の手続きは、PC・スマホからSMBCダイレクトにログインすることでカンタンに行えます。


    返済方法と毎月の返済額について

    三井住友銀行カードローンの毎月の返済方法と返済日は以下のように定められています。


    約定返済日と約定返済の方法

    約定返済日 5日・15日・25日・末日から自身で選択可能 
    約定返済の方法 ATMでの直接入金・振込・口座振替

    ※銀行休業日の場合は翌営業日


    三井住友銀行カードローンで口座振替による返済を選択するための条件


    毎月の返済を口座振替にしておくことで、返済の手間が省ける、ついうっかりの返済忘れを防ぐことができ返済の遅延・滞納のリスクを軽減できるといったメリットが得られるのですが、口座振替での返済を選択できるのは、三井住友銀行の普通預金口座を持っている人だけです。


    そのため、口座を持っていない人が選択可能な返済方法は、ATMでの直接入金もしくは振込での返済のみとなります。


    返済時も借入時と同様に提携コンビニATMの利用手数料は無料です。


    三井住友銀行カードローンは無理のない返済を行いやすい

    どの金融機関のカードローンでも借入金額ごとの毎月の最低返済額というものが必ず定められているのですが、三井住友銀行カードローンは2,000円〜と、とても返済しやすい金額に設定されています。


    以下表をみてください。


    三井住友銀行カードローン毎月の最低返済額表

    約定返済時の借入残高 約定返済金額 (最低返済額)
    2千円未満の場合 約低返済時の利息と借入残高の合計額
    2千円以上10万円以下 2,000円
    10万円超20万円以下 4,000円
    20万円超30万円以下 6,000円
    30万円超40万円以下 8,000円
    40万円超50万円以下 10,000円
    50万円超60万円以下 11,000円
    以降300万円以下まで借入残高が10万円増すごとに 1,000円ずつ追加
    300万円超350万円以下 40,000円
    以降500万円以下まで借入残高が50万円増すごとに 5,000円ずつ追加
    500万円超600万円以下 60,000円
    以降800万円まで借入残高が100万円増すごとに 5,000円ずつ追加

    借入をする金額が10万円以下であれば、毎月の最低返済額は2,000円とされています。


    カードローンを利用してお金を借りる必要がある状況ということは、今現在の支払いに余裕があまりないという人がほとんどではないかと考えられます。


    銀行カードローンでは借入金額50万円以下は毎月の最低返済額一律10,000円などとされていることも多いので、10万円単位で細かく返済額が設定されている点は、非常に嬉しいポイントです

    ただ、毎月返済する金額が少ないということはそれだけ借りたお金を全部返しきるまでにかかる期間が長くなるということで、その分最終的に支払うことになる利息は大きくなるということはしっかり理解しておく必要があります。


    支払いに余裕がないときには最低返済額のみの返済でも構いませんが、お金に余裕がある月には、そのお金を何よりもカードローンへの返済に優先的に充てることを推奨します。


    これは過去にカードローンを含むあらゆるローンからの借金経験があるカネロンからのかなりガチなアドバイスです!


    まとめ


    銀行ならではの金利で、借入限度額も10万円〜800万円、さらにスピーディーな対応の三井住友銀行カードローンは、借りたい金額が少額の人、余裕をもった融資額を希望する人、無理のない返済をしたい人などのユーザーのニーズにぴったり。 安心してお金を借りたいと考えている人にオススメなカードローンです。

    特に、すでに三井住友銀行に普通預金口座を持っている人は、スムーズな申込、そして利用が可能です。

    ただ1点だけ残念なのが、三井住友銀行カードローンに限らず世の中の銀行カードローンはすべてが即日融資に非対応となっています。

    ですので、即日でお金を借りたいと考えている人には申込をオススメすることはできなくなっています、、。

    融資実行までに最低でも2日以上あるという人のみ利用するようにしてください。

    三井住友銀行カードローンの詳細はこちらです