総量規制?聞いたこともないな!

ホント今は不便な時代になってきましたね、、
別に借りれるだけ借りたいんですけど!という方!
え?総量規制知らないの?
今からお金を借りようという人がそれではいけません!
ちょっとこのページで総量規制について語るからしっかり読んでみてください!!

自分の年収で借りれる金が決まってる!


2010年の6月18日。
クドカネ(管理人)の幼馴染みのちょうど誕生日ですが、
この日に法律が大幅に見直されました。


総量規制というのも、このタイミングで行われました。
これはどういったものなのかというと、


お金を自分が返せる以上に借りている人が多いため
パンクする人が続出したため、


年収の1/3以上は、もうお金貸したらダメだよ!
と言うふうに消費者金融に対して貸付金額の制限を
かけたことを言います。


年収400万円の例をとってみたいと思います。
年収400万円の総量規制の例

こんな感じで、年収の400万円だった場合、
120万円まで借入することが出来る!
これ以上はダメだよという規制です!


まだ仕事をして1年経過していない人は、、


カードローンの申込をする場合は、消費者金融、銀行の両方に対して、
必ず、年収の記載が必要になります。


まだ、キチンとした年収が出ていない人は、
それが何となくしか見えていないと思います。


毎月の給料などは
把握しているけど、厳密な年収が分かっていない状態です。


ただ、大きな声では言えないのですが、
意外と年収の記載というのはいい加減な部分が多いんです。


なぜかというと、消費者金融は審査の時に、必ず、
国が委託している指定信用情報機関というものにアクセスし、


そこに自分自身の信用情報が保管されています。
指定信用情報機関は、金融事故自体は正確に登録されていますが、
年収は、必ずしも正確ではありません。


会社を辞めるコトもあるし、転職をすることもあるので、
その時に登録されている年収と大きく変わることもあるからです。


なので、業者側からすれば、
勤続年数が多いほど辞める可能性も低くなるというイメージを持つのは
言うまでもありません。


業者は信用情報までは調べるコトが可能ですが、
年収までは調べるコトが出来ません。


なので、年収自体は、おおよそのものが分かっていれば問題ありません。
ただ、仕事をしてまだ1年に満たない人は、年収自体がまだないんだけど、、
と思うかもしれませんが、


この場合、『見込み年収』を記載すればOKです!


見込み年収のだし方


なので、仕事が決まった時点で、実は消費者金融と銀行のカードローンの申込は可能になります。


源泉徴収表がある人


源泉徴収表をもらっている人は、年収が正確に書かれていますが、
年収というのは、よく勘違いされているのが、手取りの金額を年収と思っているケースです。


実は、年収というのは、手取りの金額ではなくて、会社が社員やバイトに払っている金額全体を指します。
なので、源泉徴収表でいうと、以下の画像を参考にしてみて下さい。


源泉徴収表の見方

年収の記載はここの入力でOKです!
この金額から、社会保険料、所得税、住民税を引くから、
実際の手取り金額自体は、これより少ないけど、年収はこの会社の支払い金額で判断できます!!


まだ1年も働いてないよ、、という人


先ほど見込み年収についてを説明しましたが、
見込み年収に関しては、結構自己申告の世界と言っていいほどの世界です。


消費者金融(銀行含む)は年収を調べるコトができませんし、
自分ですらよくまだどれくらいの年収になるかも分からないからです。


大体、予想とされる月収を12でかけた金額が年収ということで申告しましょう。


正社員の人は、大体年収の予測つくからその見込み年収。
アルバイトやパートの人は、時給×勤務時間で1日あたりの収入出るから
それを、日数をかける感じです。


例えば、時給1000円で、5時間働くのを週に4日としましょう、
それなら、5000円/1日×4/週4日のシフトで、2万円になりますよね。
それを4週間でさらにかけると8万円です。
さらに1年間で計算すると、96万円になります。
これが年収です。


基本的に年収を入力するときは、ザックリとするケース多いです。
中には10万円以下は切り捨ての場合があるから、四捨五入して、
100万円です。
これを記載すればOK!!


総量規制を超えたらどうなるの??


法律が変わったのが、2010年の6月なので、
それ以前に総量規制オーバーで借入している人も多く存在します。


じゃあその人たちは、即座に総量規制に範囲に抑える為に返済しないと
いけないの?と疑問になりませんか?


それに、仕事をもし仮にやめたとして、年収が0円になってしまったときは、
返済しないといけないのか?と言われると実はそうではありません。


総量規制というのは、こちらが総量規制オーバーで借入している分に関しては、
問題なく、現状の自由返済で大丈夫です。


消費者金融側的にはそれ以上貸付をするコトができませんよ。
貸したらダメですよ!っていう注意喚起程度です。


ですので、総量規制によって、
現在の返済プランが大きく変わることはありません。


ただし、それ以上の借入がかなり厳しくなってくるということは
想定はしておいたほうがいいです。


総量規制ギリギリまで借入は相当実は厳しい!!

クドカネの体感なのですが、大抵の場合は、
総量規制の金額×0.8の金額くらいが限界。
それ以上の金額の消費者金融からの借入は厳しいです。
審査落ちの理由は絶対に業者から教えてくれるコトはないのですが、
総量規制ギリギリまですでに借入している場合なら、この可能性は大ですね。


総量規制オーバーでも借りれるの?


よく総量規制で、お金を借りれなくなる人が増えて、
逆に闇金に手を出したり、中には『自殺』するとまで何か
胸が痛くなるような痛々しいコトがよく起こってるんです。


借りて借金に苦しむ人を緩和する為の規制なのに、
逆にそれで苦しむ人もいるって言うんがなんとも皮肉な世の中
とも言えますが、


実は、総量規制に関係なく総量規制オーバーでも借りれるのが、銀行のカードローンなんです。


一緒のものと思われがちですが、実は、消費者金融は『貸金業法』
銀行は『銀行法』によって成り立っています。


銀行のカードローンは貸金業法ではないので、総量規制の対象にはならないので、総量規制オーバーでの借入も可能となります。


なので、お金が借りれない、、、なら闇金へ、、、という前に、まず、銀行のカードローンでの、借り換えを希望すべきです。


この借り換えというのは現状の複数の消費者金融(銀行含む)からの借金の全額を借りて一本化するというものなのですが、


この際に大抵の場合、借り換えで一本化後に、余剰枠を20万円前後作ってもらえます。


つまり、一本化+余剰枠で、若干余裕が持てる分だけ借入が可能ですし、金利が現状よりも低くなるし、返済先も一つになるので、


現状よりも楽になることはほぼ間違いありません。
なので、借入希望額が総量規制オーバーでの借入となってしまい、厳しいコトが予測されるなら、
次に考えるべきコトは、『銀行カードローンへの借り換え』が次の段階と考えておくといいです。


消費者金融で総量規制オーバーでも借りれる?


消費者金融は総量規制の対象なので、総量規制オーバーの借入はできません!!と説明してきたのですが、
実は消費者金融でも、総量規制オーバーの借入をする方法があります。
通常の借入の申込はもちろん総量規制の対象となるのですが、
消費者金融にも、『おまとめ』『かりかえ』専用のサービスがある会社もあり、
これらのローンは総量規制の対象外となり、総量規制オーバーでも借りれるようになっています。


総量規制は消費者を守るための法律ですので、『おまとめ』や『かりかえ』など消費者が一方的に有利になるローンに関しては対象外となるのです。

他の業者に返済した後はその業者から借入枠を縮小される可能性が、銀行よりも消費者金融の方が高いので注意が必要です。


総量規制のまとめ!

・年収の1/3以上は消費者金融は貸してくれない!
・銀行のカードローンは総量規制の対象外
・総量規制分ギリギリ(大体8割)までほぼ借りられない
・すでに複数社から借りてる場合は、銀行カードローンの借り換えがお得!


総量規制をまとめると、こんな感じになります。
まぁ、ギリギリまで借入するなら、銀行へ借り換えを検討したほうが良いでしょうね。