楽天銀行スーパーローンの審査基準について徹底調査したページの見出し画像


楽天銀行スーパーローンの審査は甘いって本当?審査基準についてを徹底調査!

更新日:

「楽天銀行スーパーローンの審査は甘い」
「専業主婦でもキャッシングできた」
「アルバイトを始めたばかりでも審査に通った」


ネット上の口コミではこのような口コミや情報がよく見受けられますが、実際のところ楽天銀行スーパーローンに限らずどの金融機関のどんなカードローンでも具体的な審査内容や審査通過の条件については明確にはされていません。


そのため、一概に審査が甘い!厳しい!といったことは言えないのですが、楽天銀行スーパーローンの審査通過の難易度はそこまで高いものではないとカネロンは考えています。


このページでは金利や返済額、審査スピード、保証会社など様々な項目から楽天銀行スーパーローンの審査基準についてをとことん詳しく解説していきますので、楽天銀行スーパーローンを利用してお金を借りたいと考えてはいるけど審査に対して不安があるという人はぜひ最後まで読んでいってください。



    審査内容と審査に通るための最低条件

    ページ冒頭で触れていますが、審査通過の具体的な条件、審査内容については一切公開されていません。


    そのことは楽天銀行スーパーローンの公式HPでも以下のように確認されます。


    Q:楽天銀行スーパーローンの審査が通る条件・審査内容を教えてください。


    A:審査基準・審査内容の詳細についてはご案内することができません。日本国内に居住する20才から62才までで、お仕事に就かれており毎月安定した定期収入のある方であれば、どなたでもお申込みいただけます。もちろん、パートまたはアルバイトでお勤めの方もお申込みいただけます。まずは、お申込をご検討ください。


    引用元:楽天銀行スーパーローン公式HP質問紹介より


    審査通過の条件については公表されていませんが、楽天銀行スーパーローンの審査に通りお金を借りるためには、最低限以下の条件を満たしておく必要があります。


    楽天銀行スーパーローンの申込条件
    • 満20歳以上62歳以下であること(※1)
    • 日本国内に居住していること(※2)
    • 仕事をしていて毎月安定した定期収入がある、または専業主婦であること
    • 楽天カード株式会社または株式会社セディナの保証が受けられること

    (※1)パート・アルバイト・専業主婦の場合は60歳以下
    (※2)外国籍の人は永住権または特別永住権を持っていること


    楽天銀行スーパーローンの年収・属性・職業による申込の制限


    会社員 派遣社員 公務員 アルバイト パート
    自営業 外国人 専業主婦 学生 年金受給者
    ×

    年収・勤続年数・職業・属性による申込の制限は設けられていないので、学生や専業主婦の人でも楽天銀行スーパーローンの審査対象となります。


    学生はアルバイトをしていて収入があること、専業主婦の場合は配偶者に安定した収入があることが審査通過の最低条件です。


    銀行カードローンの中には、年収や勤続年数、職業による申込の制限が設けられているものもあり、それらカードローンに比べると楽天銀行スーパーローンの審査の基準は緩やかになると予想されます。


    審査の仕組みを理解しておくこと

    楽天銀行スーパローンに限らず、銀行カードローンでは必ず「保証会社の保証が受けられること」が審査通過の条件とされており、審査の大部分はこの保証会社によって行われることとなります。


    イメージとしては以下のような形です。


    楽天銀行スーパーローンの審査の仕組み


    保証会社によって行われる仮審査を通過した人のみが、楽天銀行が行う本審査へと進むことができるのですが、仮審査と本審査では具体的に以下のような内容で審査は行われています。


    保証会社によって行われる仮審査の仕組みと内容

    仮審査では以下の2項目から申込者の返済能力・信用情報をスコア化、その算出されたスコアが保証会社が定める一定の基準をクリアした際には仮審査の承認となります。


    申込内容から測られる「返済能力の高さ」

    申込フォームに入力する様々な情報から、返済能力は測られることになるのですが主に以下の項目が算出される返済能力には大きく影響します。

    • 年収
    • 勤続年数
    • 雇用形態
    • 職業
    • 居住形態
    • 婚姻関係

    年収が高く勤続年数が長い正社員の人とアルバイトを始めたばかりの学生では当然前者の方が返済能力は高く評価されることになり、審査通過への期待値は高く持つことができます。


    が、上項目で解説したように楽天銀行スーパーローンではアルバイトだから、年収が低いからといった理由だけで審査落ちとなることはありません。


    この返済能力の高さは、もちろん審査通過の可否にも影響はありますが、どちらかといえば融資を受けることができる金額の上限に影響を与える傾向にあります。


    指定信用情報機関からの開示される「信用情報」

    この指定信用情報機関からの情報開示は、銀行カードローンだけではなく消費者金融や信販会社を含むすべての金融機関の審査で必ず行われ、具体的には申込者の以下のような情報を確認されます。

    • 他社ローンの契約・借入件数
    • ローン残高
    • ローンの返済状況
    • 過去の債務整理の履歴

    これらの情報については審査の際に必ず確認されることになります。


    他社ローンからの借入があるからという理由だけで審査落ちとなることはありませんが、申込時に申告した内容と開示された情報があまりに異なる場合は「自身の借金を正確に把握できていない人」「嘘をつく人」といった判断をされることになり、審査にマイナスとなってしまいます。


    申込時には必ず正確な情報を申告するようにしましょう。


    楽天銀行により行われる本審査の仕組みと内容

    本審査で行われるのは仮承認となった申込情報の真偽の確認が主なものとなり、仮審査通過後の本審査で審査落ちとなるケースは滅多にありません。


    ほとんどの人が本審査については気にする必要はないと言えますが、以下のような場合には本審査の通過はできないので念のため確認しておいてください。


    在籍確認がとれず仕事をしていることの証明ができない

    本審査では申込時に申告した勤務先で本当に働いているのかを確認するために「在籍確認」が行われます。


    この在籍確認は勤務先への電話連絡にて行われるのですが、基本的に審査担当者の個人名でかけられますし、申込者本人の電話応対がなくとも完結されます。


    ですので、「虚偽の勤務先情報を申告していた」「電話が繋がらない」などといったことがない限り、ほとんどの人が難なくクリアすることができます。


    暴力団関係者や犯罪組織との繋がりがある

    すべての銀行カードローンで信用情報機関からの情報開示の他に「警察庁データベースの登録情報の照会」が行われます。


    これは申込者が暴力団関係者や犯罪組織との関係がないかの確認の為に行われるものなので、一般的にはこの照会によって審査落ちとなるケースは稀です。


    自分自身が無関係でも勤務している会社が犯罪組織との関係を持っていた場合には審査に通過することはできません。


    保証会社の仮審査を通過すればほぼ確実に本審査も通過できる


    楽天銀行スーパーローンの審査の仕組みは上記のようになり、保証会社によって行われる仮審査さえ通過できれば、かなりの高確率で本審査も通過できると考えておいて問題ありません。


    また、楽天銀行スーパーローンでは保証会社が「楽天カード株式会社」と「株式会社セディナ」の2社が用意されていますが、これは2つの保証会社どちらともの審査を通過しなければいけないということではないので安心してください。


    保証会社ごとに大きく審査通過の基準が異なることはありませんが、どちらか1社の審査基準を満たすことで仮審査は承認となるので、単純に保証会社が1社の銀行カードローンに比べると審査通過のチャンスは広くなると判断されます。


    審査通過の難易度が高くないと考察される理由


    「保証会社の仮審査に通過することができればほぼ確実に本審査にも受かる」と解説しましたが、肝心の保証会社のハッキリとした審査基準については誰も知ることはできません。


    が、返済額、審査のスピードなどを他社カードローンと比較することで、審査通過の難易度を考察することは可能です。


    結論から言うと楽天銀行スーパーローンは他銀行カードローンに比べると審査通過の難易度は低めであると考えられるのですがその理由をこの項目では解説していきます。


    社会的信用が低い属性の人も融資の対象とされている

    会社員や公務員といった正規雇用の人とアルバイトやパートなど非正規雇用の人では、収入の安定性、社会的信用度が高くされるのは当然、正規雇用の人となりますが、楽天銀行スーパーローンではパート・アルバイト・専業主婦の人でも融資の対象となるということが公式HP上にハッキリと明示されています。


    申込から審査結果回答までのスピードが早い

    申込内容、混雑具合によっても異なりますが、楽天銀行スーパーローンは最短だと申込完了から2日〜3日で審査結果の回答が得られます。


    システム的なものも影響しますが、審査に1週間以上かかるカードローンと2日で回答が得られるカードローンでは後者のほうが審査の基準は緩やかになると予想することができます。


    毎月の最低返済額がメチャクチャ低く設定されている

    楽天銀行スーパーローンでは借入金額ごとの毎月の最低返済額が以下のように設定されています。


    借入する金額が10万円以下の場合だと最低返済額は2,000円とメチャクチャ低いです。


    借入限度額ごとの毎月の最低返済額表

    借入金額 毎月の返済額
    10万円以内 2,000円
    10万円超〜30万円以内 5,000円
    30万円超〜50万円以内 10,000円
    50万円超〜100万円以内 15,000円
    100万円超〜150万円以内 20,000円
    150万円超〜200万円以内 30,000円
    200万円超〜250万円以内 35,000円
    250万円超〜350万円以内 40,000円
    350万円超〜400万円以内 45,000円
    400万円超〜500万円以内 50,000円
    500万円超〜600万円以内 60,000円
    600万円超〜700万円以内 80,000円
    700万円超〜800万円以内 100,000円

    最低返済額と返済の力の関係性


    「毎月の返済額と審査の通りやすさに一体なんの関係があるの?」といった疑問を持つ人もいるかと思いますが、最低返済額の設定が審査通過の難易度に与える影響は決して小さくありません。


    銀行カードローンの中には、毎月の最低返済額が借入限度額50万円以下は一律10,000円などと定められているものが多くありますが、この場合には融資を受けたい金額に関わらず「最低でも毎月10,000円の負担を継続的に行えるだけの返済能力」が求められることになります。


    これに対し、楽天銀行スーパーローンでは融資の希望金額が10万円の場合には「毎月2,000円の負担を継続的に行えるだけの返済能力」があれば審査を通過することができます。


    つまり、同じ借入限度額での審査でも、審査を通過するためにも求められる返済能力が異なるということです。


    一般的に返済能力が評価される傾向にあるアルバイトやパートの人は、毎月の最低返済額が楽天銀行スーパーローンのように低めに設定されているカードローンを選ぶことで審査通過への期待値を高くすることができると言えます。


    楽天銀行スーパーローンに限らず、どのカードローンでも初めての契約の際には会社員や公務員の人で50万円、アルバイトやパートなど非正規雇用の人では10万円〜20万円程度が融資を受けることができる金額の目安となります。


    審査通過への期待値を高く持つことができる人の特徴

    消費者金融に比べると銀行カードローンの方が審査の基準が厳しめになるというイメージを持っている人が多いですし、それについてはその通りだと言えます。


    どんな形態のローンでも言えることなのですが、金利が低くなればなるほど審査通過のハードルは高くなっていきます。


    とは言え、楽天銀行スーパーローンは一般的に審査が厳しいと言われる銀行カードローンの中では、かなり審査通過への期待値を高く持つことができるカードローンの一つです。

    • 勤続年数が6ヶ月以上である
    • 毎月の収入に大きな開きはなく安定している
    • 今回のカードローンの利用が初めてである
    • 携帯電話の機種代金を含む他ローンの返済に遅延・滞納はない

    これら条件を満たす人であれば、職業、属性問わず、年収が低い人でも十分に審査通過の可能性が見込まれます。


    アルバイトやパートで自身の属性に自身がないけど、できれば消費者金融ではなく低金利な銀行カードローンでお金を借りたいと考えていた人に楽天銀行スーパーローンは向いています。


    楽天銀行の口座を持っていることが審査に与える影響


    あくまで「可能性がある」というレベルの話ですが、楽天銀行スーパーローンでは楽天銀行、楽天市場、楽天カードといった楽天グループとの取引も審査の際の判断材料のひとつとされていることも十分に考えられます。

    • 楽天銀行口座を給与受け取り先に指定している
    • 公共料金などの引き落とし先としていて支払いに遅れはない
    • 楽天カードを利用しているが遅延・滞納なくクリーンな利用ができている
    • 楽天市場を頻繁に利用し「楽天会員ランク」が高い

    楽天銀行で毎月の給与を受け取っている場合には申込条件に含まれる収入の安定性を確実に証明することができますし、楽天カードをクリーンに利用しているのであればそれだけ信用度は高くなります。


    ですので、上のような取引がある人は審査の際に通常よりも優遇される可能性があると考えられます。


    が、その逆も然りです。


    公共料金の支払い状況などは信用情報機関からの情報開示では確認できない情報ですが、もし、楽天銀行の口座を引き落とし先として登録している場合には、それら情報も把握されてしまうことになります。


    支払いに遅れがある場合には逆に審査にマイナスな影響を与える可能性もあると考えておく必要があります。


    「ブラックでも通る」などといった情報は全くのデマ

    楽天銀行スーパーローンの審査基準については特別厳しいものではありませんし、どちらかといえば審査通過のハードルは低いカードローンです。


    が、信用情報機関から開示された情報に問題がある場合には審査に通過することはできません。

    • 過去2年以内に3回以上返済を滞納している
    • 直近6ヶ月のうちに3社以上のローンに申込をしている
    • 債務整理を過去5年以内に行っている

    具体的にはこれらがブラックと言われる状態です。


    ひとつでも該当する場合には、一か八かでむやみに申込を行うのではなく、まずは自身の信用情報を開示、確認してみることを推奨します。


    指定信用情報機関は「CIC」「JICC」「JBA(全銀協)」の3種類がありますが、金融事故情報(ブラックリスト)についてはすべての機関で共有されていますので、情報開示はどの機関で行っても構いません。


    結論:楽天銀行スーパーローン審査基準の調査結果


    楽天銀行スーパーローンの審査基準は消費者金融に比べると厳しめとはなるものの、銀行カードローンの中では比較的易しい部類に入ると考えられます。


    今現在普通に仕事をしており、信用情報に不安がないという人であれば、過度に審査に対して不安に感じる必要はありません。


    属性による申込の制限が緩やかなのも特徴で、パートやアルバイトなど収入が少なく審査に通る自身がないという人にも利用をオススメすることができます。


    審査スピードが早いのも嬉しいポイントで、申込から融資実行までにかかる時間は最短2日とされています。


    「金利」「融資までのスピード」「利便性」「返済額」どこをとっても平均以上の高スペックなカードローンなので、審査に対する不安が解消された人は楽天銀行スーパーローンに申込をすれば間違いないとカネロンは考えています。