返済しないと怖い取立て来るのでは??

消費者金融からお金を借りると怖い取立てが来そうで嫌だ・・・・っていう人もいらっしゃいます。
ちょっとドラマの見過ぎというか先入観が強い人が多いです。
このページは実際に借金滞納しまくった私の実体験を元に、消費者金融の取立てについて語っていこうと思います。

怖い取立ては実は存在しない!!


まず、最初に安心して考えて欲しいということで、結論を言ってしまうのですが、
怖い取立てというものは存在しません。


と言うのも、現在は、貸金業法という法律で取立て行為に関しても、ものすごくシビアに定められています。


以下引用ですが、貸金業法の第二十一条にこのように記載があります。


〜以下引用〜

第二十一条
 貸金業を営む者又は貸金業を営む者の貸付けの契約に基づく債権の取立てについて貸金業を営む者その他の者から委託を受けた者は、貸付けの契約に基づく債権の取立てをするに当たつて、人を威迫し、又は次に掲げる言動その他の人の私生活若しくは業務の平穏を害するような言動をしてはならない。


一  正当な理由がないのに、社会通念に照らし不適当と認められる時間帯として内閣府令で定める時間帯に、債務者等に電話をかけ、若しくはファクシミリ装置を用いて送信し、又は債務者等の居宅を訪問すること。


二  債務者等が弁済し、又は連絡し、若しくは連絡を受ける時期を申し出た場合において、その申出が社会通念に照らし相当であると認められないことその他の正当な理由がないのに、前号に規定する内閣府令で定める時間帯以外の時間帯に、債務者等に電話をかけ、若しくはファクシミリ装置を用いて送信し、又は債務者等の居宅を訪問すること。


三  正当な理由がないのに、債務者等の勤務先その他の居宅以外の場所に電話をかけ、電報を送達し、若しくはファクシミリ装置を用いて送信し、又は債務者等の勤務先その他の居宅以外の場所を訪問すること。


四  債務者等の居宅又は勤務先その他の債務者等を訪問した場所において、債務者等から当該場所から退去すべき旨の意思を示されたにもかかわらず、当該場所から退去しないこと。


五  はり紙、立看板その他何らの方法をもつてするを問わず、債務者の借入れに関する事実その他債務者等の私生活に関する事実を債務者等以外の者に明らかにすること。


六  債務者等に対し、債務者等以外の者からの金銭の借入れその他これに類する方法により貸付けの契約に基づく債務の弁済資金を調達することを要求すること。


七  債務者等以外の者に対し、債務者等に代わつて債務を弁済することを要求すること。


八  債務者等以外の者が債務者等の居所又は連絡先を知らせることその他の債権の取立てに協力することを拒否している場合において、更に債権の取立てに協力することを要求すること。


九  債務者等が、貸付けの契約に基づく債権に係る債務の処理を弁護士若しくは弁護士法人若しくは司法書士若しくは司法書士法 人(以下この号において「弁護士等」という。)に委託し、又はその処理のため必要な裁判所における民事事件に関する手続をとり、弁護士等又は裁判所から書面によりその旨の通知があつた場合において、正当な理由がないのに、債務者等に対し、電話をかけ、電報を送達し、若しくはファクシミリ装置を用いて送信し、又は訪問する方法により、当該債務を弁済することを要求し、これに対し債務者等から直接要求しないよう求められたにもかかわらず、更にこれらの方法で当該債務を弁済することを要求すること。


十  債務者等に対し、前各号(第六号を除く。)のいずれかに掲げる言動をすることを告げること。


出典先:電子政府の総合窓口(e-Gov)

http://law.e-gov.go.jp/htmldata/S58/S58HO032.html


こんな感じで法律で取立てに関しての禁止事項は決められてます。

まぁちょっとこれだけ読んでもわけわからないと思います。
すごくシンプルにまとめてみるとこんな感じです。


朝の9時〜夜の20時までしか連絡はできない!
本人と連絡は取れるのに、他の人に連絡するのはNG!

すごくシンプルに言うと、この2つだけです。
基本的に取立ては電話がほとんどで、9時〜20時の間しか、かかってきません。


ただし、この電話を無視して、連絡がつかない状態にしてしまうと、
やむを得ないと判断して、会社や実家に電話をかけられることになってしまいます。
そこで初めて、第三者を巻き込む形になります。


お金を返していなくても、本人とちゃんと連絡が取れるうちは大丈夫です!


工藤カネロンの取立て体験談

私も、MAX200万までいった猛者です。
ぶっちゃけ月のもらってた収入って25万くらいだし、すぐに返済ができなくなりました。
まぁ、そうでしょうね。ハタチくらいで、遊びたい盛りでしたし、毎月返済だけでも5万以上あって、半分以上利息でしたし。早々に返済をあきらめちゃいました。


滞納日から電話が頻繁にかかってくる


まず、滞納してしまった1日目ですが、さっそく電話がかかってきます。


女性ですごく丁寧な感じで、
『工藤様でいらっしゃいますか?今月のお支払いの方ですが、、』
という感じで、テンプレートの台本にあるようなもので、


『あぁ、忘れてましたぁ返済しますね〜』
といったら、納得してくれて電話が終了。


そんな流れですが、
当然払えるお金ないので、この日は返せません(笑)。


そして次の日も、その次の日も同じやりとりです。


ぶっちゃけ5社あったので、毎日5社と対応です。
本当にこのやり取りが面倒になってきて、1週間目くらいから無視するようになりました。


その場合、上記のやむを得ない場合は、会社や自宅などに連絡するという部分に当たるので、


今度は、自宅や職場にガンガン電話がかかってくるようになりました。
これも、『●●ファイナンスです!』というのではなく、


『野口(仮名)ですが、工藤さんいますか?』
みたいな感じでかかってきます。


これでちょっとおかしな気持ちになります。
多分大抵の人はこうなると思うんですが、


『は?俺とこの業者のやり取りなのになんで会社に電話してくるんじゃ!!』
段々と腹がたってくる感覚です。


後、返済しないと、会社に迷惑がかかる、、、
という切羽詰った気持ちになり、


とても精神的に、苦しくなってきます。
なんか常に後ろめたい気持ちになるんです。


しかし段々とそれが憎しみの感情に変わってきて、
次第に電話がかかってくるたびに文句を言うようになっていました。


『テメェ!コラ!会社に電話すんなや!!』
もう、この精神的に追い詰められたら、ここにぶつけるようになってきます。


そのあと、この一線を超えると、人間の最後の奥義である技を使うようになります(笑)。
『は?取れるもんなら取ってみいいや!!』
『やかましいわボケこら!ヤ○ザでもなんでも呼んでこいや!』


返済の催促を速攻でやめさせるダーティな裏技


こんなやり取りがずっと続き、とある時に先輩に入れ知恵をされました。


『弁護士が介入したから通知が届くからもう電話やめてそっちと話してね!』
っていうと、返済がストップするという話です。


実際に、そうやっていうと、ピタッと止まりました。
弁護士など債務整理についての専門家が介入したよ!という通知が届くと、
貸金業法では、本人に連絡した時点で違法なコトになるんです!


なので、ビックリするほど効果がありました。
そこから3ヶ月ほどたつと、もう電話でなく通知しか来なくなったので、そのまま放置しておくコトにしました。


借金滞納の金融事故は一生残る


数年後…車のローンを通す時に、審査落ちしたので、詳しく調べてみると、やはりこの借金の滞納がNGみたいで、
この滞納の情報は、永久に残るコトを知りました。


じゃあ、この先、車や家とか買えないぢゃん!!!
って気付いて、どうしたらいいのかということで、
弁護士に相談すると、


返済するか、時効まで待ち時効の援用を行うしかないとのことでした。。


この時効については別ページで解説しますが、
この時は、働いている会社にお金を借してもらうことになり、貸金業者へ全額返済をしました。


会社にお金を返すまでかなり時間がかかりました。。


取立てというのは、正直な話、拍子抜けするほど、怖いことはありません。


ただ、本当に怖いことは返さないことによって、
そこに生じる自分の信用情報が、俗に言うブラックリストに載ってしまう。
ということです。


あと、借金がある状態というのは、
本当に上を向いて歩くコトも億劫になってしまい、
後ろめたい気持ちがずっと続きます。
この気持ちが個人的に一番しんどい事やと思います。


まぁ、こんな感じですね。
取立て自体はバイオレンスなことは、まずないです。
基本、電話の対応になりますけど。
毎日、電話対応してたら、段々と精神的にしんどなってきます。


まぁ、本当に老婆心ながら忠告させてもらうと、遊びに回せる金が3万円以上ある生活が
出来る程度に、返済自体も金銭的に追い込まれない程度にしておいた方がいいです!