J.Score(ジェイスコア)

掲載日:

J.Score(ジェイスコアバナー画像)


ジェイスコアは「AI・スコアレンディング」というAIを審査に活用したキャッシングサービスを提供している新しいローン業者です。


審査にAIを活用し融資の業務にかかるコストを削減することで、最大でも12.0%という驚異的な超低金利での融資が実施されているのが最大の特徴で、とにかく金利にこだわりたいという人に非常に人気です。


さらに審査スピードも早く、仮審査は最短30秒最短30分で融資も受けることも可能とされているので業界トップクラスにスペックが高いキャッシングサービスだと言えます。


AIスコア診断を利用することで、事前に融資条件の目安を知ることができ審査通過の可否の判断材料としても活用できるので、信用情報にあまり自信がないという人もまずはAIスコア診断を受けてみることをオススメします。


実質年率 限度額 審査時間 保証人 総量規制 職場連絡
0.8%〜12.0% 10万円〜1,000万円 仮審査最短30秒 無し 対象 有り
遅延損害金 申込資格 返済システム 来店必要の有無
12.0% 満20歳〜70歳以下 残高スライドリボルビング方式 ネット上で完結




    申込条件:学生や主婦は審査の対象にならない?

    ジェイスコアのAIスコア・レンディングの申込条件については公式HP上で以下のような記載が確認できます。


    以下のすべての条件を満たす個人のお客さま


    ・ご契約時の年齢が満20歳以上、満70歳以下の国内に居住するお客さま
    ・安定かつ継続した収入の見込める方


    (学生・留学生で、アルバイトなど安定収入がある方もお申込みいただけます。また永住権のない外国人の方もお申込み可能です)


    引用元:スコアレンディング商品概要


    J.Score(ジェイスコア)の利用条件と審査対象者の概要


    会社員 派遣社員 公務員 アルバイト パート
    自営業 外国人 専業主婦 学生 年金受給者
    ○ ※1 × ○ ※2

    (※1)「在留カード」または「特別永住者証明書」の用意が必須条件
    (※2)学生証の用意が必要


    年収や勤続年数・職業などによる申込の制限は設けられていない

    ジェイスコアは20歳以上70歳未満で日本国内に住んでおり安定した収入を得ているのであれば基本的にすべての人が審査の対象となります。


    派遣社員だから、自営業だからなどといった属性だけを理由に審査落ちとなることはありません。


    どのような形でも毎月安定した収入を得ていることが申込の条件とされているので、アルバイトをしている学生やパート勤務の主婦の人もジェイスコアでキャッシングすることは可能です。


    ただし、現在仕事をしておらず自分自身には収入がない専業主婦の人はジェイスコアの審査対象外となるということは理解しておく必要があります。


    上項目で解説したようにジェイスコアは貸金業者で総量規制の対象となるため、収入がない人への貸付は法律により制限されています。


    また、専業主婦のキャッシングについてですが、貸金業者ではなく銀行カードローンであればどこでも利用可能ということではなく審査の対象となるカードローンはかなり限定されているので注意が必要です。


    以下ページにて専業主婦がキャッシングできるカードローンを特集しているのでぜひこちらを参考にしてみてください。



    審査の際に提出する書類:収入証明書の提出は必須?

    ジェイスコアのAI・スコサレンディングでは申込のタイミングでは不要ですが、仮審査通過のタイミングで以下の書類の提出が必要となります。

    • 身分を証明するための「本人確認書類」
    • 年収を確認するための「収入証明書」

    それぞれの書類の提出条件と認められるものを以下にまとめました。


    本人確認書類として認められるもの

    J.Score(ジェイスコア)で本人確認書類として認められる提出書類
    (※1)マイナンバーカードはオモテ面(顔写真・住所などが記載されている面)のみを提出。通知カードは不可。
    (※2)氏名・生年月日・現住所の3項目が記載されているものに限る


    外国籍の人は「在留カード」または「特別永住者証明書」、学生の場合は「学生証」を本人確認書類に併せて提出する必要があります。


    収入証明書として認められるものと提出条件

    貸金業者であるジェイスコアは法令により以下条件に該当する場合には申込者の正確な年収を確認することが義務付けられています。

    • 今回契約する借入限度額が50万円を超える場合
    • 今回の契約額と他貸金業者の利用額の総額が100万円を超える場合

    審査の内容によっては、これら金額に関わらず収入証明書の提出を求められることもあります。


    収入証明書としては以下のものが認められています。


    収入証明書として認められる書類一覧
    収入証明書類 有効条件 備考
    源泉徴収票 前年度(直近分) 「公的年金の源泉徴収票」および「退職所得の源泉徴収票」を除く
    住民税決定通知書・納税通知書 前年度(直近分) 市民税・県民税の特別徴収税額の決定・変更通知書など
    確定申告書 前年度(直近分) 納税署の収受印があるもの、もしくは電子申告の受付日時の記載があるもの
    所得(課税)証明書 前年度(直近分) 市区町村役場にて発行のもの
    給与明細書 直近2ヶ月分及び賞与明細書(現在の勤務先かつ直近1年分) 「発行年月」「本人の氏名(フルネーム)」「発行元名」「月収」が明記されていること。記載内容が手書きの場合はお勤め先の社印もしくは社判が必要

    他社からの借入がなく、今回の契約金額が50万円以下の場合には原則収入証明書の提出は不要、用意するのは本人確認書類だけで済むと考えておいて問題ありません。


    必要書類の提出はWEBアップロードにて完結できる


    J.Score(ジェイスコアの必要書類の提出方法)


    ジェイスコアは本人確認書類のWEBアップロードによる提出に対応しています。


    WEBアップロードではスマホやデジカメで撮影した画像データをWEB上で送信することで完了できるので、郵送やコピー・FAXといった面倒な手続きは一切不要です。


    全体が映っておらず見切れている、ブレて不鮮明などといった場合には、再送信を求められることになり無駄に時間がかかってしまいます。
    氏名や住所などがきちんと写っていることを確認したのちにWEBアップロードは行うようにしましょう。


    審査の仕組み:AIスコア・レンディングって何なの?

    ジェイスコアの「AI・スコアレンディング」では、従来「人」の手によって行われていた「顧客情報の分析・スコア化」をAI(人工知能)が代わりに行います。


    いきなり審査をAIが行っていると言われても、ピンとこないと思いますので詳しく解説していきますが、まずは従来のカードローンの審査の仕組みから理解しておく必要があります。


    次の図解を見てください。


    J.Score(ジェイスコアのAIスコア・レンディングの審査の仕組み)


    審査の仕組みや基準については明らかにされているわけではありませんが、どの金融機関でもカードローンの審査は上図解のように仮審査と本審査の2つに分けられます。


    最終的に契約しキャッシングするには、この2つの審査のうち仮審査が非常に重要になるのですが、仮審査の具体的な内容は以下のようになります。


    申込情報の精査・収入の安定性の確認
    • 年収
    • 勤続年数
    • 雇用形態
    • 職業
    • 居住形態
    • 婚姻関係

    申込時に申告する情報のうち主にこれらの入力内容から、申込者の収入の安定性が測られスコア化されるのですが、ジェイスコアのAIスコア・レンディングではこの部分をAIが膨大なビックデータとの照会を行ないながらAIスコアといった形でスコアを算出しています。


    具体的なAIスコア算出の基準については知ることができませんが、基本的には年収が高くなればなるほど、勤続年数が長くなればなるほどAIスコアは高くなり、反対に年収が少なく、勤続年数が短くなればAIスコアは低くなると考えておいてください。


    ここで算出されるAIスコアは審査通過の可否よりは、契約可能な借入限度額に与える影響が大きいと考えられます。

    信用情報機関からの情報開示

    ジェイスコアへの申込を行なうには必ず以下の「個人情報の取り扱いに関する規約」に同意をする必要があります。


    【個人情報の取扱いに関する規約】
    第1条(個人情報の取得、登録、利用、保有の同意)
    入会申込者(入会予定者を含みます。)および契約者(以下「会員等」といいます。)は、本契約(本申込みを含みます。以下同じ)に係る以下(a)から(i)の個人情報(変更後の情報を含みます。以下「個人情報」といいます。)を、以下に定める目的のため、当社が、保護措置を講じた上で取得し、登録、利用して、当社の定める期間保存することに同意します。また、当社が必要と認めた場合には、当社が、会員等の住民票および戸籍の附票を取得し、電話帳データベース、電話番号の利用状況のデータベース、住宅地図(データベースを含みます。)、およびインターネット等から、会員等の個人情報を取得することがあります。


    (a)属性情報(氏名、性別、生年月日、住所、電話番号、携帯電話番号(SMS(ショートメッセージサービス)の宛先としての番号を含みます。)、eメールアドレス、本籍地、勤務先(お勤め先の内容、入社年月、就業形態、役職等)、学歴(出身学校、卒業年月等)、家族構成、家族の属性情報、居住状況、識別番号等の会員等の属性に関する情報)
    (b)契約情報(契約の種類、申込日、契約日、利用日、商品・役務名、契約額、利用額、金利、返済回数、毎月または毎回の支払額、支払方法、振替口座等の本契約の内容に関する情報)
    (c)取引情報(本契約に関する利用残高、月々の返済状況等、取引の現在の状況および履歴に関する情報等の会員等との本取引に関する情報)
    (d)信用判断のための情報(会員等の資産、負債、収入、支出、本契約以外に当社と締結する契約に関する利用残高、返済状況等の会員等の信用判断を行うための情報)
    (e)入力情報(会員等が当社ウェブサイトに入力した情報全般(アンケート等を含みます。))
    (f)Cookie等の技術を使用して取得した会員等が当社ウェブサイトにアクセスした情報
    (g)当社が会員等の本人確認、住所確認、収入・資産等の確認のために得た情報、およびその確認資料(運転免許証・健康保険証・パスポート、住民票の写し、給与明細書・収入証明書・確定申告書等)に記載された情報
    (h)音声情報(当社が記録した当社の従業員と会員等との会話等)
    (i)会員等の同意を別途頂いたうえで他社から受領した会員等の個人情報全般


    引用元:ジェイスコア「個人情報利用目的」


    信用情報の開示に対する同意は、ジェイスコアがAIによる審査を行うから特別に必要ということではなく、どの金融機関のどんなローンでも必ず必要とされています。


    難しい言葉が並んでいますが、簡単にいうと以下のような情報については審査の際に必ず確認を行いますよということです。

    • 他社ローンの契約・借入件数
    • ローン残高
    • ローンの返済状況
    • 過去の債務整理の履歴

    ここで算出されるスコアは、審査通過の可否に大きな影響を与えることになると考えておく必要があります。


    AIによる審査がユーザーに対して直接与える影響は?

    申込者から提供される情報と信用情報機関から開示される情報の2つからスコアを算出し、そのスコアの高さにより審査通過の可否、融資条件が決定されるということについては、ジェイスコアのAIスコア・レンディングも従来のカードローンも変わりありません。


    が、AIによる審査が行われ、人間の手が少なく済むということについては確実にお金を借りたいと考えるユーザーにとってメリットになると言えます。


    基本的に貸付を行う際には、契約までにかかるコストと貸倒のリスクを考慮して金利が設定されるのですが、貸倒のリスクに関しては、業者側では審査通過の基準を厳しくする以外どうすることもできない部分となります。


    ですので、金利がメチャクチャ低いカードローンは年収や勤続年数、職業などによる申込の制限が設けられている場合がほとんどです。


    これに対し、ジェイスコアでは審査の仕組みにAIを取り入れることにより業務の効率化ローコストな運営が可能となっているため、業界トップクラスの超低金利な設定がされているのにも関わらず、年収や職業などといった属性による申込の制限が緩やかになっています。


    上項目で解説していますが、アルバイトの学生も審査を受けることができ融資の対象とされています。


    審査の基準:ジェイスコアの審査は厳しい?それとも甘いの?

    審査通過の可否に影響するスコア算出の基準については、ジェイスコアに限らずどの金融機関のカードローンでも明らかにはされておらず、一概にこの業者は審査が厳しい!甘い!この条件なら確実に審査に通る!などといったことは伝えることができません。


    が、以下の条件に当てはまってしまう場合にはジェイスコアに限らず、キャッシングでお金を借りるのは非除に困難なものになると判断されます。

    • 過去2年以内に3回以上ローンの返済を滞納している
    • 半年以内に3社以上のローンに申込をしている
    • 債務整理を過去5年以内に行った経験がある

    これら条件に一つでも該当するものがある場合、現状のままではどのカードローンの審査を受けても通過はできないと考えてください。


    ダメもとで申込を行うのではなく、指定信用情報機関の公式HPへと進み、自身の今現在の信用情報の登録状況を確認してみることを推奨します。



    審査に不安がある人にオススメなAIスコア診断の利用


    今までにカードローンの利用をしたことがない、ローンの返済が遅れてしまったことはないというような人は、普通に仕事をしてさえいればジェイスコアの審査に対して過度に不安になる必要はないと言えます。


    は、自身の収入や職業、勤続年数など属性に自身がなく、審査に通るか心配だという人は申込前に「AIスコア診断」を利用してみることをオススメします。


    AIスコア診断は用意された質問に回答することで、事前にAIスコアを算出し融資条件の目安を知ることができるもので一種の審査シミュレーションとも言えます。


    事前に審査に通るか知ることができるという面では「お試し診断」「お試し審査」などという名称であらゆるカードローンに用意されている審査シミュレーションと違いはないのですが、ジェイスコアのAIスコア診断はそれらとは比べ物にならないくらい高精度なものとなっています。


    以前まではこのAIスコア診断により算出されるAIスコアが600点を超えない限り申込手続きに進むことすらできませんでした。


    ※今現在はいきなり申込手続きに進むことも可能となっています。審査に不安がない人はそのまま申込へと進んでも全く問題ありません。


    AIスコア診断の利用方法と診断を受けるメリット

    AIスコア診断は用意された様々な質問にチャット形式で回答していくことで、ユーザーの今現在の信用度が1,000点満点のAIスコアで表示されるもので、以下のような手順で簡単に利用することができます。


    メンバーシップへの初期登録アカウントの作成

    J.Score(ジェイスコア)メンバーシップへの登録方法


    AIスコア診断は当然無料、アカウントの作成に必要なのはメールアドレスの登録とパスワードの設定のみ。


    ですので、個人を特定するような情報の入力は一切不要となっています。


    20の質問に回答して初期スコアの算出

    初期AIスコアの算出


    この段階でAIスコアが600点を超えた場合には、契約可能な金利と借入限度額の目安が表示され、そのまま申込手続きに進むことも可能となります。


    反対に600点以下となった際は、融資条件の目安は表示されませんがこの段階でAIスコアの点数が低かったからとジェイスコアの利用をあきらめることはありません。


    AIスコアはスコアアップすることが可能です。


    AIスコアのスコアアップ

    AIスコア診断では初期スコア算出の質問の他に、次の6ジャンルの質問が用意されていてこれらに回答していくことでAIスコアのスコアアップが見込まれます。


    AIスコア診断6ジャンルの質問内容
    質問のジャンル 質問内容の概要
    生活 モノに対する価値観・買い物の基準・生活習慣など
    情報連携 みずほ銀行・ソフトバンク・ワイモバイル・ヤフージャパンとの情報連携(※)
    性格 性格診断・趣味・ローンに対する価値観など
    ウォレット 年収・支出・ローンの有無・件数など
    ファイナンス 資産の有無・クレジットカードの所有・お金の使い方など
    プロフィール 職歴・学歴・所有資格など

    ※情報連携はスコアアップだけでなく金利の引き下げサービスにもなり1社の情報連携ごとに0.1%「最大0.3%」金利が引き下げられる


    すべての質問に回答するには20分から30分程度かかりますが、スコアアップを狙う人は用意された質問のすべてに回答するようにしましょう。


    自身のAIスコアが算出される

    スコアアップを行いAIスコアが600点を超えると次のような画面が確認できます。


    AIスコア診断により算出されたAIスコアに対する考え方


    AIスコア診断により出された診断結果は審査通過を保証するものではありませんし、提示された融資条件はあくまで目安となり、審査通過の可否、正式な融資条件は実際に申込を行い審査を受けてみないことには分かりません。


    が、反対にAIスコアが600点に満たなかった場合にはジェイスコアへの申込を辞めるといった判断を行う材料として役立てることができます。


    消費者金融でも銀行カードローンでも申込を行い審査に落ちたという情報は必ず信用情報機関に登録されることになり、そういった情報は次の審査の際にマイナスな影響を与えることになってしまいます。


    AIスコア診断の利用は信用情報機関への登録は不要で、どのような結果となっても自身の信用情報にキズがつくことはありませんので、審査に対して少しでも不安があるという人は積極的にAIスコア診断を利用するべきだとカネロンは考えています。


    審査のスピードと契約完了までの流れ:即日融資はできるの?

    ジェイスコアには一般のユーザーが直接取引を行うための店舗というものがそもそも存在しておらず、申込の受付はインターネットからのみ以下のような流れで契約までの手続きは進められることになります。


    AIスコア・レンディングの申込から融資実行までの流れ
    • インターネットから申込
    • メールによる仮審査結果の回答
    • 必要書類のWEBアップロード
    • メールによる本審査結果の回答
    • WEB上での契約手続き

    J.Score(ジェイスコア)の審査にかかる時間と融資までの所要時間


    インターネットからの申込は24時間いつでも受け付けていますし、審査スピードもメチャクチャ早いので仮審査結果の回答までは最短30秒、すべての手続きがスムーズに進んだ際には最短30分で融資を受けることも可能とされています。


    一般的に金利が低くなればなるほど、審査には時間がかかる傾向にありますし、2018年1月以降から銀行カードローンの即日融資が停止されているので、金利の低さと融資までのスピードどちらもを求める人はジェイスコアを選べば間違いないと言えます。


    が!「絶対に今日中にお金が必要なんだ!」と考えている人は少し注意が必要です。


    即日融資を希望している人は必ず以下の項目に目を通すようにしてください。


    ジェイスコアは土日祝日は審査業務を行っていない

    申込手続き自体は24時間(メンテナンス時間を除く)いつでも受け付けているのですが、ジェイスコアの営業時間は平日9:00〜18:00までとされており、土日祝日は審査業務が行われていません。


    ですので、仮に申込が金曜日の18:00以降となった際には、審査結果の回答はどれだけ早くとも翌週月曜日の9:00以降となってしまいます。


    即日で融資を受けるためには平日の申込がまず最初の条件となります。


    融資は振込のみで銀行営業時間外の振込融資には対応していない

    融資の受け方については次の項目で詳しく解説しますが、ジェイスコアの融資の方法は振込のみ、また銀行営業時間外の振込融資は非対応です。


    そのためジェイスコアから最短即日で融資を受けるには平日14:45までに契約手続きを完結させ、振込融資の依頼を行うことが絶対条件になります。


    ジェイスコアで即日融資を受けるための条件は、プロミスやアコム、レイクALSAなどといった大手消費者金融に比べると厳しめになると言えます。


    とは言え、これらカードローンに比べるとジェイスコアは金利が約6%も低めに設定されているので、融資実行までの猶予が2日〜3日程度はあるという人であれば、このままジェイスコアへの申込を前向きに検討する方が総合的なメリットは大きくなるとカネロンは考えています。


    銀行カードローンよりも低金利でなおかつ最短即日での融資も可能とされているキャッシングサービスは業界全体で探しても他にはありません。


    借入方法:カードの発行がないのにどうやって融資を受けるの?

    ページ冒頭でも解説していますが、ジェイスコアは従来のカードローンのようにローン専用カードの発行はありません。


    が、以下のような手続きで、契約時に設けられた借入の枠の範囲内で自由にお金を借りることは可能です。


    J.Score(ジェイスコア)の借入方法とその特徴
    ※メンテナンス時間は除く


    手続き自体はWEBからほぼ24時間いつでも行うことができますし、振込手数料は無料という点も嬉しいポイントではあるのですが、振込の依頼を行ったらいつでも即時入金されるということではないので注意しておく必要があります。


    以下表をみてください。


    ジェイスコアの振込依頼の受付時間と振込実施時間

    振込依頼を行う時間 振込実施時間
    平日 0:00〜8:10 当日8:10頃
    平日 8:10〜14:45 即時
    平日 14:45〜24:00 翌営業日8:10頃
    土・日・祝日・年末年始 翌営業日8:10頃

    ※利用する金融機関によって実際に入金がされる時間は異なり時間がかかる場合がある


    ジェイスコアは銀行営業時間外に融資を受けることができない

    ジェイスコアは従来のカードローンのようにATMから直接出金することができず、融資の方法は指定口座への振込のみとなります。


    また、銀行営業時間外の振込サービスには対応していないため、当日中に実際にお金を借りるためには平日14:45まで振込依頼を完結させる必要があります。


    振込依頼は24時間受付、振込手数料無料ということで利便性が低いということはないですが、夜間や休日の急な出費への対応力は残念ながら低いと判断されます。


    金利と借入限度額:ジェイスコアは業界トップクラスの超低金利!


    ジェイスコアの金利は業界トップクラスの超低金利


    一般的な消費者金融の上限金利は年18.0%、銀行カードローンでも年14%〜15%程度が平均的な水準となるので、契約する金利が最大でも12.0%と設定されているジェイスコアは業界トップクラスの超低金利だと言えます。

    また大手消費者金融や銀行カードローンでは、初回契約時は基本的に表示されている金利のうち高い方、上限金利での契約となるケースがほとんどです。


    これに対しジェイスコアでは、はじめての契約の際にも上限金利以下、10%を切る金利で契約できたという口コミ、情報も非常に多く見られます。


    とにかく低金利にこだわってキャッシングしたいと考えている人はジェイスコアを選べば間違いないと言えます。


    「でもなんでジェイスコアはこんなに金利が低いの?何か裏があるのでは、、」といった疑問を持った人は以下ページを参考にしてみてください。


    ジェイスコアの金利についての情報のみに特化したページで、業界トップクラスの超低金利な設定がされている理由についても考察しています。



    ジェイスコアで100万円を超える融資を受けることはできるの?

    ジェイスコアの借入限度額は最大1,000万円とこれまた業界トップクラスです。


    また、従来のカードローンでは初回の契約で適用される借入限度額は50万円以下となることがほとんどですが、ジェイスコアははじめての契約でも50万円を超えるような高額な借入限度額での契約も十分に見込まれます。

    ジェイスコアは総量規制の対象で借入限度額は年収に応じて制限されている


    ジェイスコアは貸金業者で総量規制の対象となるので、100万円の融資を受けるためには最低でも年収が300万円以上あることが条件となるということについては理解しておく必要があります。


    以前までは高額融資を希望しているなら銀行カードローン一択といった紹介をおこなっていたのですが、2018年1月以降から銀行カードローンも自主規制という形で総量規制の仕組みを取り入れることとなっています。


    ですので、銀行カードローンなら高額融資を受けられるという時代は終わり、今現在高額融資を希望している人にはジェイスコアの「AIスコア・レンディング」が最もオススメできるキャッシングサービスだとカネロンは考えています。


    まとめ:ジェイスコアはどんな人に利用が向いている?


    ジェイスコアを利用するメリットと特徴
    • 最大でも12.0%と業界トップクラスの超低金利
    • 仮審査は最短30秒最短30分で融資も可能
    • 申込から契約までWEB上で完結でき来店手続きは一切不要
    • AIスコア診断による高度な審査シミュレーションが受けられる
    • WEBからの簡単な手続きで振込融資が受けられる

    ジェイスコアのAIスコア・レンディングは金利がメチャクチャ低い上に審査スピードも早いという、まさにイイとこ取りの超ハイスペックなキャッシングサービスだと言えます。


    「できるだけ低金利で契約したい」「急いでお金を借りたい」この2つのニーズをどちらも満たすことができるカードローンは他にはありません。


    資金使途自由とされているローン商品のなかで借入先を探していたという人は迷わずジェイスコアを選べば間違いないとカネロンは考えています。


    金利が低い分、大手消費者金融に比べるとやや審査通過のハードルは高くなると予想されますが、そのような人はジェイスコア独自のサービス「AIスコア診断」を利用することで事前に審査通過の可否をかなりの高精度で調べることができます。


    審査に不安がある人はAIスコア診断を受けた後に申込、審査に特に不安はないという人はそのまま本申し込みの手続きへと進むようにしてください。