専業主婦でも申込可能なカードローンおすすめランキング

このページでは現在、仕事をしていない専業主婦の方でも利用可能であるカードローンを紹介しています。
現在、配偶者が仕事をしている人でご自身は仕事をしていないという方に対応しているカードローンは基本的に少ないですし、銀行のカードローン、もしくは中小の消費者金融しかありません。中小の消費者金融へ借入はあまりおすすめできず、安心して利用できる銀行カードローンのみを紹介しています。

このページで紹介しているカードローンの条件
  • 収入のない専業主婦の方でも利用可能
  • 配偶者の職場に電話がかからない
  • 配偶者を保証人に付けることなく契約ができる
  • 配偶者にバレずに利用できる

以下、おすすめのランキングです。

楽天銀行カードローン


楽天銀行カードローンの専業主婦専用の受付となります。
専業主婦の場合は、最大50万円まで契約可能で、金利も銀行カードローンとして平均的な14.5%となっています。
月の最低となる返済額も低く、10万円の場合は2千円、30万円の場合は5千円の返済となるので、
返済が厳しい月も返済額が低いことで利用しやすい部類に入ります。
収入証明書の提出なども不要のため、契約までの流れがスムーズで人気です。
全体的に専業主婦の方のカードローン利用者の内、5人に1人は、楽天銀行カードローンを利用している方で、
人気のカードローンです。

融資可能額 保証人 審査時間
50万円まで 不要 審査即日
借入利率 月額最低返済額 保証会社
14.5% 2千円〜 楽天カード株式会社
株式会社セディナ


専業主婦の方がカードローンを利用するに当たって知っておきたいQA

配偶者が保証人になる必要はありますか?

答えを言ってしまうと、上記で紹介しているカードローンは、配偶者が保証人になる必要がありません。
あくまで、生活スタイルとして配偶者が仕事をしていて安定した収入がある世帯であるのかどうかというところでの確認といった意味で、
配偶者の勤務先を入力することはありますが、
その勤務先への電話や、配偶者の収入証明書となる書類の提出などはなく、
あくまで銀行と本人の契約という形になります。

配偶者にバレるコトはないですか?

カードが郵送型の場合、郵便物としてカードが自宅に届きます。
この時に、バレる可能性があるので、ご自身で受け取りができる時間帯での郵送を受け取る。
この契約書、カードの受け取り以外のタイミングでバレるとしたら、
振込での融資をしてもらった際の通帳の情報が見られる可能性がある場合。
もしくは物理的にカードを所持しているコトを見られるといったことです。
こういった場合は、キャッシュカード付帯のカードローン(みずほ銀行など)の利用をする事で
実質的なバレるということはなくなります。

配偶者貸付として消費者金融からも借入できますか?

法的に、配偶者貸付として貸金業法では、消費者金融からも借入が可能です。
ですが、どうしても配偶者の場合は、少額での貸付しかすることが難しいということから、
管理などの事務処理的な問題を上げると受付そのものをしていない業者も多く、
基本的にテレビのCMで見かけるような大手消費者金融は対応していません。
中小の消費者金融のみの対応となっていますが、銀行カードローンのように誰ともやり取りもなく、ビジネスライクに付き合うコトは難しい条件の業者が多く、
振込、もしくは手渡しでの融資となるため、あまりオススメすることは出来ません。

100万円以上の借入は難しいですか?

無理と考えた方が無難です。
銀行カードローンでもMAX50万円までしか、銀行系のカードローンは50万円以上の融資対応していないのが現状です。
50万円以上借入をしたい場合は、ご自身での収入が必ず必要となります。
アルバイト、パートなどの仕事をしている状態で審査を受け、年収の記入が必要となります。
仕事をしていてまだ給料を貰っていないなどで年収が算出できない場合は、
年収のおおよその見込みとなる年収の記入で問題ありません。
基本的に申し込み自体も、仕事が決まったという時点でも可能ですが、
勤続年数が長いほど、信用も高く、短いほど、大枠での貸付の審査通過率は低くなります。